読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪しい文が書かれる

まともな文を書いてる時はメンヘラ

怪文書05

(お題は)ないです 桃華ちゃんと李衣菜ちゃんにハメられる話(仮題)

 ぼくは多田李衣菜ちゃんと櫻井桃華ちゃん、2人のアイドルのプロデュースをしてるんだけど、最初は2人とも知り合いってわけでもなかったし余所余所しかったんだけど徐々に2人の仲もよくなっていって事務所の空気もいい感じになってめでたしめでたしってなるはずだったんだ。少なくともぼくはそう思っていた。
 ぼくが一応プロデューサーってことになってるんだけど、まあぼくが頼りないこともあって、2人にかなり助けてもらっていたんだ。例えばりーなちゃんはお茶を入れてくれるどころかよく料理してくれるし(しかもめちゃくちゃおいしい)、桃華ちゃまに至っては家の伝手を使って住宅を斡旋してくれたしもう頭が上がらない。
 そんなある日、その日は李衣菜ちゃんしかいなかったんだけど、その日はたまたま味噌汁を作ってくれたんだ。いつも作ってくれるお礼を言うんだけど今日は李衣菜ちゃんの返しが違って、「これからもずっと私の作ったお味噌汁を飲んでくれますか?」って聞いてきたんだけどどう答えたもんか分かんなくて「えっどういうこと?」って聞いたら「こういうことですっ」って言ってちゅーしてきたの。唇に。「お仕事関係なく私と一緒にいてくださいっ」って告白されて混乱して「よろしくお願いします……」って答えるしかできなかった。
 翌日、今度は桃華ちゃましかいなかったんだけど、ちょっと様子がおかしくて、どうしたんだろうって思ってたんだけど、いきなりちゅーしてきて、「わたくしも李衣菜さんと同じお気持ちですの」「李衣菜さんではなくわたくしと一緒にいてくださいまし」って言われてさらに混乱して「はい……」としか言えなかった。
 まあそんな感じでどっちにも告白されてしまったんだけど、現実二股みたいな感じになっちゃったし「どうなってるんですか(の)!」って問い詰められるのは目に見えていたよね。焦ったぼくは「2人ともと一緒にいたい」ってに言ったら「本当です(の)ね?」って両腕に抱きつかれたんだ。後で話を聞いたらぼくを陥落させるために2人で口裏を合わせていたみたいで、ぼくに二股をかけさせて弱みを作って強引に2人と一緒にいさせようっていう計画だったんだけど見事にはまってしまったということらしい。最初から2人の掌の上だったらしい。これからも2人の掌の上で踊らされるんだろうなあと思いつつ、この2人になら何をされてもいいなって思った昼下がりだった。